• Uncategorized

    “夺回美国"的关键:重造教育

    by  • July 31, 2020 • Uncategorized • 0 Comments

    何清涟

    美国的Black Lives Matter运动获得民主党鼎力支持。民主党的最高策略是:制造一切混乱,尽量渲染疫情,拖延经济重启,打击川普获选机会。主流媒体对此全力支持,Youtube与Twitter等社交媒体大公司充当起了监督全国新闻的责任,他们毫不犹豫撤掉不利于民主党的言论视频。但是,即使有民主党的政治势力保护以及媒体的舆论偏袒,BLM参与者对不同言论的不宽容、对美国历史的痛恨,以及6月24日大纽约地区BLM领导人Hawk Newsome在采访中说的如果美国“不给我们想要的东西,那么我们将毁掉这个体系”,暴露了BLM罔顾民意,用暴力实施政治敲诈、赤裸裸地索求政治权...

    Read more →

    武汉肺炎引发的全球恐慌刚刚开始

    by  • January 28, 2020 • Uncategorized • 0 Comments

    何清涟

    武汉肺炎引发的全球恐慌刚刚开始。导致恐慌的原因来自两方面:一是世界各国相继发现本国已经有来自武汉的病人,正在陆续采取措施,能否有效遏制疫情蔓延,相关专家都持谨慎态度;二是对病毒来源的恐慌,从法国发现首例武汉肺炎开始,法国媒体开始揭露本国与中国科学院武汉病毒研究所的项目合作,世界最权威的医学杂志《柳叶刀》于1月26日发表专业研究文章,指出并非中国陈述的那样,病毒来源于华南海鲜市场的野生动物。

    疫情的严重性

    鉴于除非洲之外的四大洲相继出现确诊的病人,病毒学家们非常忧虑。BBC于1月25日刊登一篇《武汉肺炎:无症状传播恐增加疫情控制难度》,记者...

    Read more →

    程暁農★米・中交渉再起動の意味するところとは?★ 2019年10月15日

    by  • October 15, 2019 • Uncategorized, 日文文章 • 0 Comments

    中両文収録「何清漣 2017中国」Amazonで発売。「2018」編集中;2015、2016Amazon改訳版を電子ブックで。Kindle Unlimited なら無料です。

     米・中経済貿易交渉は10月11日に終わった。今回の協議再開と「第1段階の通商合意」とは何を意味するか? なぜ、中国は交渉のテーブルに戻ったのか?両国間のこの二年間の摩擦の大波と衝突は一段落したのか? この三つの問題の分析から、両国関係の未来を占う。

     (1)米・中交渉の「第一段階通称合意」

     10月11日、米・中経済貿易交渉が終わって、中国の劉鶴副総理はトラ...

    Read more →

    美国为什么不会介入香港事务

    by  • August 6, 2019 • Uncategorized • 0 Comments

    何清涟

    香港的局势越来越让人担心,示威游行者的诉求已经从“反送中”发展成双普选,游行抗议也不断触碰高压线,警察的行为也越来越暴力,认为中共可能出兵香港的担忧越来越沉重。很多抗议者向美国总统川普发出呼吁,要求得到支持。一些香港抗议者认为:不相信抗议者仆街,西方社会还能坐得住。

    香港与台湾虽然都被中共视为领土与中国的一部分,但二者在西方社会、尤其是在美国看来,二者与美国的关系不同,《台湾关系法》界定了美国对台的义务与责任,香港却只有特别关税区待遇。因此,香港的抗议活动,不能将抗争的成功寄托于美国一定会干预这一前提上。

    西方社会对介入香港事务的两极观点...

    Read more →

    ★なぜボルティモアは突然「敏感問題」になったのか? 2019年7月30日

    by  • July 31, 2019 • Uncategorized, 日文文章 • 0 Comments

     7月27日、ツイッター上での「政府対議会の戦い」によって米国東部メリーランド州最大のボルティモア市は、全米一注目を集める都市になりました。トランプ政府と黒人のイライジャ・カミングス下院議員、ナンシー・ペロシ下院議長の民主党が多数派を占める下院との戦いです。

     そして、ボルティモア市民も2陣営に分かれてツイッター上で罵り合い、全米各地の人々も次々に参戦。民主党は、人種差別だとして17日、トランプ米大統領が同党の非白人議員4人を攻撃したことに端を発した弾劾決議(原注;棚上げ)に続いて、わずか10日後に再度の弾劾を提起しました。

     これは、演劇的要素に事欠かない話...

    Read more →

    ★米国はなぜ中国人より”鄧小平好き”なのか? 2018年10月16日

    by  • October 16, 2018 • Uncategorized, 日文文章 • 0 Comments

     10月4日にワシントンのハドソン研究所で行われたペンス米国副大統領の公開講演は、世界から大きな注目を集めています。これについては、もう★ペンス談話…米国の「屠竜派」の観点は「冷戦」ではない(2018年10月11日)で、詳しく分析しました。ここでは、「米国は過去25年、中国再建に努力した…中国は口先では”改革開放”というが鄧小平の有名なあの政策は今は中身が無くなった」というくだり、世界からは余り重視されていないこの部分について述べます。これは、実は米国政界の中国への期待を表しているのです。

    日中両文収録「何清漣 2017中国」Amazonで発売しました;2015、2016A...

    Read more →

    ★反貧困の戦い — 「魚」ではなく「漁」を与えるトランプ★ 2018年07月21日

    by  • July 25, 2018 • Uncategorized, 日文文章 • 0 Comments

     今年の6月から7月にかけて、国連とホワイトハウスは前後して二つのレポートを発表しました。前者は米国の貧困問題に関してで、後者は米国が50年間続けてきた反貧困との戦いを止める宣言です。この二つの報告の間に、米国の有名なトークショーのキャスターが「2015年の貧困統計を使って、2017年に大統領になったトランプのせいだ」と”オウンゴール”発言をしました。

     この”自殺点”を軽んじてはなりません。それが今の米国の民主党を代表とする”進歩派”と保守主義の、反貧困戦略での深刻な分裂を体現しているのです。

    「何清漣 2017中国」Amazonで発売しました;2015、2...

    Read more →

    ★北京の頭痛 — 米国の「民主を買い与える」戦略の変化 2018年4月24日

    by  • April 25, 2018 • Uncategorized, 日文文章 • 0 Comments

     まるでジェットコースターのような、捉えどころのないトランプ大統領のせいで北京は大弱りです。4月の12日には、トランプは、自分の票田でもある米国の農業州で議員と会見した時には、「中国とは最終的には、徴税戦争にはならないだろう」と言っていました。それが、4月17日になると、通信機器大手の中興通訊(ZTE)に対して、米国企業に今後7年間の部品供給禁止の制裁措置を課したのです。(訳注;米商務省は16日、中国通信機器大手の中興通訊がイランや北朝鮮に対し通信機器を違法に輸出していたとして、米企業によるZTEへの製品販売を7年間禁止すると発表した)

    ★北京の反応は遅れた

    ...

    Read more →

    人:社会转型过程中的“历史遗产”

    by  • November 28, 2017 • Uncategorized • 1 Comment

    何清涟

    拙作《中国:溃而不崩》由台湾八旗文化出版之后,评论不少,最应该看到本书的大陆读者因为海关检查严厉无法购书。除了本书三位序言作者为拙作所写序言之外,在我看到的评论当中,一篇“周末读《中国:溃而不崩》有感”见到了人所未见:本书将人作为关注与分析的主角。

    《中国:溃而不崩》以人为分析主角

    有人说“溃而不崩论”是中国崩溃论的翻版,针对此说, “周末读《中国:溃而不崩》有感”一文中写道:

    “看来,我们需要换个角度,侧拍一下,问两个问题,或许才能够解释何清涟的溃而不崩说。

    第一,这世上有哪个国家,像中国这样长达二三十年一直...

    Read more →