• 何清漣★「伝統的なアメリカ」は生き残れるか? 2020年9月30日

    by  • October 18, 2020 • 日文文章 • 0 Comments

     アメリカ人がどんなに無神経であっても、8月に米国共和党と民主党の大会が開催される頃には、2020年の大統領選挙は2つの政党にとっての大きな試練ではなく、アメリカの有権者にとって、アメリカの未来、ひいては人類の未来を決定する選挙であることが明らかになった。

     ★両党の対立 — 米国価値観の擁護か破壊か

     トランプ大統領の長男ドナルド・トランプ・ジュニアは、8月下旬に行われた共和党全国大会(RNC)での演説で、2020年の選挙とこれまでのすべての選挙との根本的な違いを「これまでは、両党ともアメリカの良さを信じていたし、どこに向かっているかについては同じ方向で、そこへ行く路線の違いだった。しかし、今回は対立する政党(民主党)は、我々の立国の原則である思想の自由、言論の自由、宗教信仰の自由、法律のルールを攻撃し始めたのだ」と指摘しました。

     アメリカが誇る長年の法と秩序、憲法に守られた私有財産を、急速に社会主義化する民主党とBLM運動は敬意を払おうとしません。プリンストンのProperty Claim Services社は、今年5月26日から6月8日の間に発生したデモと暴乱に支払われる保険金は20億米ドルと見積もっています。これは12日間の騒乱で発生した損害の一部で、6月8日以来発生している大半の抗議デモや、保険でカバーされない損失は含まれていません。

     今年のBLM(「黒人の命は大切だ」運動)の抗議行動は、米国史上、一番高くついたのでした。1960年代の全6回の米国内の暴動のコストを全部合わせて、2020年の米ドルの価値に換算(購買力平価)しても、総額は12億ドルです。

     今年のBLM運動では、歴史と文化の「清算」を求める運動のほか、米国国旗を焼き、国歌の「星条旗よ永遠なれ」の作者、フランシス・スコット・ケイの銅像をひっくり返しました。8月中旬にの民主党全国大会(DNC)では、「神のもとにおけるひとつの国」という重要なフレーズを削除したものでした。こうした全てが、米国人にますますはっきりと、今年の大統領選挙が米国の未来に関わると意識させるようになりました。

     これまで、大統領選挙活動は、どちらの党もアメリカ国旗を掲げ、米国国歌を歌いました。しかし、2020年には共和党支持の「赤い州では共和党とトランプ支持者がトランプ支持のプラカードと国旗を掲げましたが、民主党の「青い州」では、BLMや民主党支持者の暴力的な攻撃をおそれて共和党支持者は国旗をぶら下げるだけ。米国ではデモ隊が国旗を掲げていたら共和党支持者とわかる。

     ★米国の伝統的価値観とマルクス主義価値観の対立

     この対立は、建国以来の政治体制の存続に関わります。このBLM運動は当初、アメリカには罪深い奴隷制度があったという口実で、アメリカの歴史を抹殺するために人種カードを利用したものでした。この波の中で、アメリカ新世界を発見したコロンブスから、アメリカ建国の父であるワシントン、ジェファーソン、南北戦争のリー将軍に至るまでの人物像が破壊の対象になりました。

     これは民主党の多くの議員が賛同しました。民主党が政権をにぎる各州でも、多くの支持があり、この種の歴史抹消を容認し、米国の大学もこれに協力し、反対した教授たちは停職処分を受けました。こうした歴史抹消の目的は、歴史だけが目的ではなく、建国以来の価値観と政治制度に対するものであり、彼らは、米国の歴史は恥ずべきものであったというレッテルを貼るのが目的なのです。

     民主党は、ウォール街の支持を失うことを恐れて、バイデンを担ぎ上げました。 しかし、社会主義者のサンダースが2016年に数万人の社会主義者を率いて一斉に民主党に入党させ、民主党の巣をカッコウの卵に貸すようなことになって、民主党の急速な社会主義化につながりました。この点は、一貫して共和党反対、民主党支持のニューヨーク・タイムズ紙もしぶしぶ認めています。

     2018年7月3日、同紙は「民主党は社会主義化したのか?」という記事で民主党の調査によると、18歳から34歳までの民主党員の61%が社会主義に肯定的な見方をしていることを紹介しています。 若者、特に女性は、民主党を民主的な社会主義実現のためのツールに改造したがっています。

     2018年の米議会中間選挙では、23議席を民主党が獲得した。アレクサンドリア・オカシオ゠コルテス(訳注:史上最年少の女性下院議員となったニューヨーク選出下院議員)などの主要メンバーは、民主的社会主義の「社会主義」の部分をかなり真剣に受け止めており、その綱領では「資源と生産の民衆的統制、経済計画、公平な分配、フェミニズム、人種平等、非抑圧的な関係に基づく人道的な社会秩序」を掲げています。民主党の社会主義化が急速に進んだからこそ、今回、マルクス主義組織BLMが民主党と高い協調性を持って行動できたのです。

     BLMとはどんな組織なのか? 今年6月23日には、BLMの共同創設者であるパトリッセ・カローラ氏が「Real Time Now」で講演し、組織のメンバーが訓練されたマルクス主義者であることを認め、大ニューヨーク地域のBLMのリーダーであるホーク・ニューサム氏がインタビューで「アメリカが我々の望むものを与えてくれないならば、我々はそれを焼き払い、打ち壊すまでだ」と公言しています。

     いくつかの報道によると、この組織がバラク・オバマ前大統領とのつながりを持っていることが明らかになっています。また ワシントン・ウォッチ紙は今年9月15日、BLMの共同創設者アリシア・ガルザ氏が設立したロビー活動団体「ブラック・フューチャーズ・ラボ」と親中国共産党団体「中国進歩協会」(CPA)が手を組んでいると報じ、「同団体は1970年代初頭にサンフランシスコで設立され、中国との提携を進めてきた。 スタンフォード大学が発表した2009年の論文は、そのマルクス主義的なつながりを文書化したもので「CPAは左派によって、親中共組織が立ち上げ、その趣旨は中国大陸の革命思想と労働者の権利への錦を高め、地域社会をコントロールして人民に服務することを目的にしている」と。

     BLMは、私有財産を保護すべきだとは思っていません。8月9日、それまでBLM運動の強力な支持者でもあったシカゴのライトフット市長は、数千の店が店じまいするに至った略奪行為がシカゴ経済に影響を与えていると批判したところ、翌日、シカゴのBLM支部は、同市長が 「5月の経験から何も学んでいない。警察が廃止され、黒人コミュニティに全面的な資金が投入されるまでは、民衆は戦い続ける」との強い声明を発表したものです。

     彼らはまた、「シカゴのダウンタウンに蓄積された莫大な富はおれたち全員の富である」と主張し、抗議者は富裕層が所有し、富裕層のために所有する高級小売店は「おれたちの」都市ではないので攻撃したと主張。こうした考えはBLM支部だkではなく、「キャンパス・リフォーム」のインタビューでも同じでした。

     ショッピング・モール略奪に参加した黒人は、皆、「社会正義の追求であり、正当だ」と答えました。同様に、ワシントンDCのジョージ・ワシントン大学を訪れ、大学生に略奪や暴動についての見解を尋ねたところ、残念ながら大学生は、暴動や略奪は「権力者はそれ以上に盗んでいる」から「強奪は持たざる者の表現に過ぎない」と答えたと言います。

     また、アメリカの左翼の女性作家が、略奪行為を正義の行為と称賛して前に出てきたこともある。 ヴィッキー・オスターワイルは、フィラデルフィア在住の作家、編集者、『The New Inquiry』の定期寄稿者であり、最近「略奪の擁護」を著し手からは、その独特の観点から、左派メディアのNPRや「ニューヨーカー」「アトランティック・マンスリー」などで紹介されました。

     それによると、同女史は、2020年4月、予見性に富んだ描写で「新たな抵抗勢力が全国で台頭している」と、略奪行為はプロテスターが採用している「法治」の正義性と不平等社会中における財富の分配を疑う強力な戦略だと褒めています。

     略奪はただプロテスターの一戦術で、企業や商業空間、政府の建物への攻撃は、商品化され管理されたものを無料で享受でき、その良いところは、人々が無料で必要なものを得ることができ、生活と生まれ変わる力を与えて、必ずしも給料や仕事に頼らなくてもいいからだ。一種の政治行動方式として、強奪行為はもっとも基本的な戦術パワーだというのでした。

     ★民主党と共和党の支持基盤の変化

     米国の共和党、民主党の支持者層は、両党の政策の変化によって変わってきました。1930年代のルーズベルト時代に、両党の間で巨大な変換が起こり、多くの共和党支持者が民主党支持へ、多くの民主党支持者が1950年代に共和党に変わったこともあります。

     現在、同じような歴史的な変化がおこっていますが、民主党はハイテクや金融の大富豪や社会の縁側にいる人々の党となり、共和党は一般のアメリカ人の党となり、より多くの中道派や穏健な左派が共和党に加わり、民主党は極左主義と暴力の推進のために、ほとんどのアメリカ人に受け入れられる道徳的な一線を越えてしまっています。

     以前、私は★「無・知・少・女」のユートピア — 米国民主党の夢 (2018年11月7日)で、民主党の基盤が、無職、知識人、少数派、女性に拠っていると書きました。現在、知識人グループは深刻に左傾し大部分が民主党支持を続けており、無職は福祉依存(非合法移民合法化後も)で、低所得層ではありません。「少」は、アフリカ系、スペイン系、その他の少数種族ですが、少なくとも10%以上が共和党に転向。性的マイノリティは比較的変化がなく、青少年は社会主義信仰から民主党を支持し、民主党は社会的な端っこにおかれた人々のグループと、金融界の大物、知識人(6割ほど)がくっついた等担っています。

     そして共和党は、法と秩序を重んじる中産階級、中小企業経営者たちです。

     最近、億万長者のマイケル・ブルムバーグは、フロリダで有罪判決をうけた重罪犯たちが投票できるようにするために1600万ドルを集めました。フロリダ権利回復連合の試算では、ブルームバーグの資金調達キャンペーンで3万2千人の重罪人の債務を返済しました。フロリダ州は、非合法薬物の天国ですが、民主党はその販売を合法化しようとしており、こうした重罪犯を買収できます。

    FOXニュースのキャスター、ローラ・イングラハム氏は9月15日のトーク番組「The Ingraham Angle」で、「富裕な自由派と民主党の過激派の「ボルシェビキ」(共産主義者)の代打に『邪悪な同盟』ができている」と警告しました。

     現段階での米国民主党の選挙民との繋がりは、世界でも唯一無二のものだと言えよう。グローバリズムの純粋な受益者たるハイテク、金融界のエリートなどの巨富を持つトップ層に、研究機関の左派や知識人、国家財政で維持されている教育産業従事者と労働組合の上部、警察以外の公務員グループが中間で、各種の社会の隅に追いやられている福祉だけを望む人々と、街頭活動で金銭を得ている連中が膨大な底辺層をなしている。

     この政党は、現在、政策で選挙民を引きつける必要はなく、イデオロギーを動員力の主要手段としている。この30年間、米国の深刻に左翼化した教育(幼稚園から高校、大学まで)が生み出した共産主義を信奉する青年が、将来の民主党の票田となるでしょう。(終わり)

    中国 何清漣

    中国2018 中国2017 中国2016 中国2015

    これまでの何清漣さんの論評の、翻訳はこちら

    過去のものはウィンドウズやMacのサファリでは、句読点が中央配置になります。Macのchromeがおすすめです。なお、「拙速」でやってますので誤字、脱字ご勘弁。(電子本の方は校閲して直してあります。多分w) なお、お気付きの点がございましたらお知らせください。ツイッター → @Minya_J。

    中国 何清漣

    传统美国生死存亡系于2020大选
    2020年9月30日

    无论多么不敏感的美国人,到了8月两党大会开过之后,都已经明白,2020大选不是对美国两党的大考,而是对美国选民的大考,这是决定美国未来、甚至是决定人类未来的一次大选。

    两党对立:美国价值观维护还是拆毁

    川普总统的长子小唐纳德·川普(Donald Trump Jr.)在8月下旬召开的共和党全国代表大会(RNC)上的发言直击要害,指出2020年大选与以往所有大选的根本区别:“过去,两党都相信美国的善良,我们在去什么地方的方向一致,所不同的是如何到达那里。而这一次对方政党开始攻击我们的立国原则 —— 思想自由、言论自由、宗教信仰自由、法律规则。”

    美国多年来引以为傲的法律与秩序,美国宪法保护的私有财产,正在迅速社会主义化的民主党及BLM运动毫不尊重。普林斯顿大学的“消除分歧”( the Bridging Divides Initiative at Princeton) 与“武装冲突地点和事件数据项目”(the Armed Conflict Location and Event Data Project ,简写ACLED)发布一份报告,其结论是:在5月26日至8月22日期间,全美共发生超过10600起示威活动,其中有7750场与BLM运动有关。在这7750场抗议活动中,在全国近220个地点中,发生了近570起暴力示威活动(见下图):

    目前,BLM在全美造成的损失与死亡还没有完全统计,但一家追踪骚乱等引起的保险索赔的公司Property Claim Services发现,今年5月26日至6月8日之间发生的骚乱可能使保险索赔达到20亿美元。保险公司特别说明,这只是12天骚乱发生的部分财产损失,不包括6月8日以后发生的一大半抗议,以及不在保险理赔范围内的财富损失。因此,2020年的BLM运动是美国历史上最昂贵的“抗议”,1960年代所有六次美国暴动的保险成本加在一起,以2020年的美元(购买力平价)计,总金额略低于12亿美元。今年BLM、清除历史运动、取消文化的每次活动,都要焚烧美国国旗,甚至推翻了美国国歌《星条旗永不落》(The Stars and Stripes Forever)作者弗朗西斯·斯科特·凯伊Francis Scott Key的塑像。8月中旬的民主党全国代表大会(DNC)甚至连one nation under God(美国国旗宣誓词中很重要的一句)都给删去,凡此种种,都让美国人越来越清晰地意识到今年的大选事关美国前途。

    以前历次大选中的竞选活动,两党选民都会高举国旗,唱美国国歌。2020年的美国却出现一个开国以来从未有过的奇观:支持共和党与川普的人,在红州都亮出支持川普的标牌并悬挂国旗;在蓝州,因为担心受到BLM及民主党支持者的暴力攻击,共和党人多悬挂国旗。现在在美国游行中,如果有人扛着美国国旗,路人就知道共和党人。

    美国传统价值观与马克思主义价值观的对立

    这种对立关系到美国建国以来的政治体制存续问题。这次BLM运动最初是祭出种族牌,以美国历史上存在罪恶的奴隶制为借口,要消除美国历史。在这波风潮中,从发现美洲新大陆的哥伦布,到美国开国先贤华盛顿、杰斐逊、南北战争中的李将军等人,其塑像都成为毁灭的目标。民主党众院议长佩洛西要求移除国会大厦11座人物雕像,此议获得民主党不少议员赞同。民主党执政的各州,不少也支持、纵容这种清除历史的行为,美国各大学也配合,只要有教授敢出面反对,就会被停课处理。这种消除历史的目的不只是针对历史,而是针对美国立国以来的价值观与政治制度,他们将美国历史强行烙上耻辱的标记,目的就在此。

    民主党担心失去华尔街金主支持,推出拜登。但社会主义者桑德斯2016年率数万社会主义者集体加入民主党借窝生蛋,导致民主党迅速社会主义化。这一点,就连一直全力支持民主党、反对共和党的《纽约时报》也不得承认。2018年7月3日,《纽约时报》发表一篇《民主党正在社会主义化吗?》,文章谈到,民主党党内调查显示,在18~34岁的民主党人当中,61%的人对社会主义持正面态度。年轻人,尤其是女性,正试图将民主党改造为民主社会主义的工具。在2018年的国会中期选举中,为民主党赢得23个众议院席位。其主要成员如AOC等,对民主社会主义中“社会主义”那部分相当认真,它的章程设想了“一个基于大众对资源和生产的控制、经济规划、公平分配、女权主义、种族平等和非压迫关系的人道社会秩序”。民主党的迅速社会主义化,是这次马克思主义组织BLM能够与民主党行动高度一致的原因。

    BLM是个什么组织?今年6月23日,BLM的联合创始人之一Patrisse Cullors女士在《现在实时新闻》上发表讲话,承认该组织成员是训练有素的马克思主义者,大纽约地区BLM领导人Hawk Newsome在采访中公开说,如果美国“不给我们想要的东西,那么我们将毁掉这个体系” 。多篇报道揭露,这个组织与奥巴马有千丝万缕的关系。据《华盛顿观察》今年9月15日报导, BLM的共同创始人艾丽西亚·加扎(Alicia Garza)创立的游说机构“黑色期货实验室”(Black Futures Lab)与亲中国共产党团体中国进步协会(the Chinese Progressive Association,简称 CPA)提供财政资助。这个机构于1970年代初期在旧金山成立,并一直是中国的合作伙伴。斯坦福大学在2009年发表的一篇论文记录了其与马克思主义的联系,并说:“ CPA最初是由亲左派,亲中华人民共和国的组织发起的,旨在提高人们对中国大陆革命思想和工人权利的认识,并致力于自决,社区控制,和“为人民服务”。

    这个组织根本不认为私有财产需要保护,共产观念极强。8月9日,强烈支持BLM运动的芝加哥市长Lightfoot批评抢劫行为导致数千家商场关门,芝加哥经济受影响。次日,芝加哥的BLM分部发表强硬声明,斥责说市长女士“自五月以来没学到任何东西,直到废除警察并给黑人社区充分投资,人民将继续崛起”。他们还声称,“在芝加哥市中心积聚的巨大财富是我们所有人的财富”,抗议者攻击富人所有并为富人服务的高端零售商店,因为那不是“我们的”城市。这绝对不止BLM的支部有此看法,一个叫做“校园改革”( Campus Reform)的组织在调查人们对抢劫的看法。组织成员先到芝加哥采访黑人,被采访者都认为到商场拿点东西是正当的,是对社会正义的追求。校园改革接着前往DC乔治华盛顿大学,询问大学生对掠夺和骚乱的看法。不幸的是,大学生说骚乱、掠夺有“正当理由”,因为“当权者偷了更多东西”,抢劫只是无权者的表达方式。

    还有一位美国左派女作家挺身而出,大赞抢劫是正义行动。这位为BLM抢劫正名的女作家维姬·欧斯特威尔(Vicky Osterweil)居住在费城,是The New Inquiry的作家、编辑、定期撰稿人,她应时而出的这本《捍卫战利品:不文明的暴乱历史》(In Defense Of Looting’, In Defense of Looting: A Riotous History of Uncivil Action)出版后,因观点奇特,美国左派媒体NPR(公共电视台)、《纽约客》、《大西洋月刊》等都做了介绍。

    根据这几家媒体的介绍,这位女作家早在2020年4月,就颇具预见性地写道:“全国各地正在兴起一种新的抵抗力量。”她高度赞扬说抢劫是反抗者正在采取的一种强有力的策略,目的是质疑“法治”的正义性以及不平等社会中财产和财富的分配。掠夺只是反抗者的一种战术。它往往是对企业,商业空间或政府大楼的攻击,将那些本应进行商品化和控制的东西免费共享。抢劫的好处是:它可以使人们立即免费获得他们所需要的东西,让他们有能力生活和重生,而不必依靠工作或工资。作为一种政治行动方式,这是抢劫的最基本的战术力量。

    民主、共和两党的支持群体的变化

    美国共和党、民主党的支持群体曾因两党政策变化而发生位移。1930年代罗斯福时期,两党之间发生巨大转变,很多共和党人转成了民主党,也有许多民主党人却在50年代变成了共和党。目前美国两党的基本盘同样在经历这种变化,只是民主党已经变成了科技、金融巨富与社会边缘人聚集的一个党,共和党则变成了普通美国人的党,越来越多的中间派和温和左倾的人加入了这个党,民主党则因极左与鼓动暴力,越过了大多数美国人能够接受的道德底线。

    我曾在SBS撰文说过,民主党的基本盘由“无、知、少、女”组成。现在,知识群体因严重左倾其中大多数继续支持民主党,“无”完全成了福利族(包括非移合法化后)而非低薪工作阶层,“少”囊括的三个“少”,非裔、西班牙裔至少各有超过10%以上转向支持共和党,性少数群体有较小变化,青少年因信仰社会主义而支持民主党,民主党基本成了一个社会边缘化群体和科技、金融大佬结合、知识群体(60%左右)结合起来的一个党,而共和党则成了一个由尊重法律与秩序的中产阶层、中小企业主组成的党。最近亿万富翁迈克尔·布隆伯格(Michael Bloomberg)筹集了超过1600万美元,以帮助佛罗里达定罪的重罪犯进行投票。据佛罗里达州维权恢复联盟(Florida Rights Restoration Coalition)估计,布隆伯格的筹款活动已经偿还了32,000重罪犯的偿付义务,佛罗里达州是贩毒大州,民主党主张毒品非罪化,因此,预估能够收买这些重罪犯。说明民主党为了选票已经完全不在意社会形象。FOX NEWS主播劳拉·英格拉汉姆(Laura Ingraham)在9月15日的脱口秀节目“英格拉汉姆角度”中警告选民,富裕的自由派人士与民主党中激进的“布尔什维克”(Bolshevik)政客之间形成了“邪恶联盟”。

    现阶段,美国民主党的选民结构堪称世界上独一无二:科技、金融精英等巨富为顶端,他们是全球化的净受益者;大学、研究机构的左派知识人为中端,主体是国家财政供养的教育产业从业者与工会上层、警察之外的公务员群体;各类社会边缘人群为庞大的底端,只需要福利,以及现在从事街头活动的金钱。这个党现在不需要用政策来吸引美国的选民,以意识形态与金钱作为主要动员力。近30年来美国严重左倾的教育(从K12到大学)培养出一代信奉共产主义的青年,将成为民主党未来的票仓。

    Print Friendly, PDF & Email

    Leave a Reply

    Your email address will not be published. Required fields are marked *